広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

JIDAI

ラーメン jidai
広島県広島市西区中広町2-4-1
11:30〜15:00
17:30〜21:00
店休日:月曜

二郎系であるという。すなわちJIDAI。もちろんジェダイではない。濃厚ゴワゴワが好きでたまらない御仁らにとっての聖地となりうる気配すら漂うという。

場所は中広のばり嗎のご近所であり、大まかに言うならば紺屋と同じエリアにある。店に入れば券売機を置くスペースすら惜しいくらいのミニマム仕様で、無駄の無い潔さがどことなく屋台上がりを思わせるが、これは単に物件の問題であろう。必然、隣席との距離が近いレイアウトで、窮屈と言うかもはや「臨戦」との表現が好ましいのである。

私などは実直であるから冒険の選択肢は皆無。ここはオーソドックスに 「ラーメン」にてオーダーを通す。

Hoshakuji07s1860.jpg

・・それにしてもここの先客らは凄まじい。フルオーダーでモリモリに盛り上げている御仁をはじめ、眉間にシワを寄せながら一心不乱に挑む猛者、静かに嗜みながら満悦を隠そうとしない玄人肌の識者など、ラーメンだけではなく、客層までもが濃厚で芳醇そのものである。

ここでラーメン二郎についての考察など披露したいところであるが、私などはド素人であるからそういう余力は皆無。気がつけば5分強が経過し、奴との対面と相成った!

jidai02

派手好きの広島において、これほど色彩の鮮やかさに乏しいのも珍しい。言われなければラーメンとは気づかない山盛りのもやしこそ男体山。ここは正面から攻略するしかあるまい!

jidai04

はしでグワっと持ち上げれば、これは当然普通の太もやしである。見た目にも濃厚なスープであるが、もわっと湧き上がってくる感は少ない。が、その後の出会いこそ強圧。もやしと同じ太さの黄麺が強引に浮き上がってくるものだから空腹時の喜びは青天井となる。

口に含む寸前に一瞬かんすいの刺激が鼻先をかすめた後、豪麺との接触が始まる。食感はハリがあり、やや弾力を加えた硬めの茹で加減。もやしと麺は見た目こそ同質であるが実際には異質そのもの。双方ともに物量作戦の基幹部であるが、「もやし」においては水分を補う特殊任務を背負い、「麺」においては隙間で空間を作り、高密度環境下での「逃げ道」提供のミッションを展開している。

米軍並みに物量でこそ圧倒するも、よく味わえば実際には比較的穏便な路線であり、刺激やトガりは極力抑えられている事に気がつく。味覚的にも嗅覚的にも案外丸く、実は穏便な野菜ベースを背脂でぎっとりコーティングした素性であると理解する。これはアジャコングが実は優しい性格で素顔も穏やかだった、みたいな実話とリンクする。ちなみに本名は宍戸エリカだという。

jidai03

そんな中、醤油の塩分が時々顔を出すが、普段醤油とんこつに慣れ親しんでいる県民からすればこの程度は日常事で、おしなべて丸い穏やかな道のりが続く。チャーシューにおいては分厚くホロホロで見た目にも良質。今回の布陣で唯一彩りを添えている点においても重役。ややソルティな仕上げだが、この物量においては適度に埋もれてバランス的にちょうどよく、もやしの水分がうまく中和して適度な落とし所に導く。

スープ単体においてはサラッとした成分と、オイリーな固形成分によるドロッとした勢力の集成であり、このサラドロの立ち位置は広島においては極めて少数派であろう。

jidai05

ほぼ食し終わってもまだもやしが湧き上がってくるものだからひたすら噛み続け、最後はオオカミウオのように猛烈な風貌にて全てを噛み砕きながら終焉を迎えるのであった。食後の水は大変にうまく、この「食」がいかほどまでに心身に影響を与えたのかは計測困難を極める。

この系統は好き嫌いが分かれるところであろうが、こういうハードコアな路線は一定数の支持層が延々リピートする好環境が期待できそうであるな。

私などは星7くらい。

ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 27 , 得点平均: 6.59
Loading...

ご意見番の声を聞け!

  1. 2/11(土)
    寿楽亭に訪問するも「建国記念日=祝日」でお休み・・・

    こっち方面で閃いたのがJIDAI
    11時半でしたが外に待ち人1名。
    暫くして入店し「ラーメン・野菜増し・にんにくあり・海老辛トッピング」で。
    今回「海老辛」を上から掛けてみました。
    やはり美味しいですね。
    しかも初にんにくだったので美味しさ倍増。
    二郎にはにんにく必須とも言えます。

  2. 今年最初の訪問、ラーメン野菜アブラニンニク増しでお願いしました。
    久々に食べましたが美味いですね、トンコツ良く効いてます。
    750円とラーメンでは少し高めですが、量が多いのでコスパは良いと思います。
    野菜と麺をワシワシ食べる感覚は最高です!

  3. そこそこうまいが無愛想すぎる!
    何しに来たか的な感じ!
    飲食店なら最低限のマナーはほしいとこだ!
    二度と行きません。

  4. 店の狭さも、行列も、車訪問でのコインパーキング自腹も、すべてを乗り越えて食う価値がある。

    13時前の訪問でしたが、今日は行列短めでしたね。
    久しぶりだったので、初心に返ってノーマルラーメンを…とも思ったのですが、ちょっとグレードアップして「特製海老辛ラーメン」を注文。
    なんとなく、無意味な意地で「追加トッピング無し」にしてみる。(いつもはニンニクカラメがっつりでございます)

    麺をゆでるのに5分かかるので、提供は最短で6分からとなります。ワクワクしながら待機。
    そして満を持してブツ登場。ぐはっ!毎度のことながら目を見張るボリュームドン!スゲー…

    まずは具をかき分けてスープをひとすすり。ズズッ…「うっめぇーっ!」
    モヤシと太麺をズルッ…「うっっめぇーっ!!」
    分厚いホロホロチャーシューをハムッ…「うっっっっめぇーっ!!!」
    あー、ここはつくづく「嫌いな味が無い」。とてもまとまっていて、とても丸い。口に含んで、そのままなじんで落ちていく感じ。
    もちろん「二郎系」と呼ばれる風味もあれど、量とか濃さとか脂っぽさとか、そんなのみんな包み込んでのどを通っていく快感。あぁ…

    プレーンな状態でこの旨さ。しかし今回は横に小皿が…「海老辛」があるのです。
    スペースを空け、スープに小皿の1/4を投入。溶かし、すくってズズッ…
    うっ…うっ…「うっっっっっっっめぇーっ!!!!!!」っっっけど辛ぇぇぇぇぁーっ!!!!(汗)

    いいね海老辛!この変わり身の早さ!一瞬にしてスープの方向を反転させてくれる!
    これで1/4。食べ進め、頃合いを見て1/4ずつ投入していくと、都度インパクトのパッションがフィーバーでカーニバルじゃけぇのぉ!

    飽きることなく完食し、後ろの行列の方々のためにもとっとと退店こそ命題。
    ごちそうさまでした。また寄らせていただきます。

  5. らーめん好きさんと、特命係さんからの情報より。
    「海老辛」を確かめるべく本日、再訪問。

    「ラーメン」とは別に「特製海老辛ラーメン」がありましたが、
    「海老辛」は単品であるので、「ラーメン」と「海老辛」を別々で注文。
    勿論、野菜増しのカラメで。

    「海老辛」は小皿で提供されるので、丼の片方に入れて少しずつ溶かしながら。
    そうすると半分はノーマル、半分は「海老辛」2つの味が楽しめると判断。

    海老の唐辛子ペーストの様な物体で、柔らかくない固形物。
    ウェイパーとかシャンタンみたいな感じといえば分かりやすいかと。
    冷蔵庫から素早く出されたので、それなりにご準備されている様子。

    さてお味は・・・
    劇的に味が変わりますね。
    唐辛子が強めですが、海老の風味(コク)が加わり全く別物になります。
    結局、半分ずつの味を楽しむつもりが9割は「海老辛」でいただきました。
    初めての方はノーマルを食べていただいて、2回目は「海老辛」をお勧めします。
    私は次回からも「海老辛」を頼んでしまいそうです。
    「海老辛」+¥100の付加価値は素晴らしすぎですね。

    ちなみに、12時に行きましたが満席で、しかも付近の駐車場も満車。
    不審者の如く、あそこを何回も車で巡回。
    結局13時に入店出来ました(大汗)
    少々遠くても確実なコインパーキングを探しておかないといけないと痛感しました。

    情報ありがとうございました。

    1. 私も本日行って来ました。

      特製海老辛900円です。内容は海老辛とチャーシュー1枚とほぐし豚
      ニンニク増し、からめでオーダー。

      愛0028も時々行きます。美味しいのですが、私的にはちょっと量が多いのかどうなのか、後半キツくなったりするので最近はここです。

      美味しく食べられたようで良かったです。

      1. 本日、広島IC方面からの帰社で「愛0028」を思い出し、行くも『臨時休業』
        それではと、横川の「与壱」へ行くと『定休日』
        困ったところで「JIDAI]へ。
        開いてました(喜)

        らーめん+海老辛(野菜増し+カラメ)
        今日はいつもと違い麺が柔らかめでした。
        また醤油ダレが濃い。
        海老辛の時は「カラメ」を言わない方が良い様な気がしてきました。

        しかし美味しい。
        特製2種は食べていないので、そろそろ特製に手を出そうかと思っております。
        ただ、もう海老辛無しには戻れないかも・・・

        ※添付は敢えて「愛0028」=野菜増し(意外とシンプル)
        二郎系部門のビジュアルでは群を抜いていますね(笑)

  6. 海老辛ラーメンは、美味かったです。
    愛と比較するとボリューム感が無いが、チャーシューの厚さでは勝っています。
    味は、こちらの方が好きだな。

  7. らーめん好きさん→

    行かれた事あるのですね。
    実際、二郎系がどんな物か広島でしか食べた事はありませんが、『愛』は衝撃でした。
    美味しいか美味しくないかじゃなくて食べ応え?
    でも数回食べると美味しさも垣間見る事が出来るので不思議。

    ここは『愛』と比べると穏やかな二郎系の印象ですが、スープの感じは凄く良いと思います。
    自家製海老辛は味変になるのだろうと思い、期待しています。

    次回は味変をお願いしてみようと思います。

    ありがとうございます。。

  8. ぐぅさん。

    自家製海老辛お勧めです。半分くらい食べてから入れると「サイコーです」更に美味しくなります。

    私はまだ食べてないのですが、毎週木曜日はつけ麺の日だったらしく、今でもやってるのかなと
    つけ麺好きの私としては食べてみたいのですが。

  9. ようやく訪問出来ました。

    店への到着は12時半くらいだったので、店の前を車で通過すると4人の先客。
    駐車場を探す為、周囲を2周ほど巡回、¥100/30分がそこそこあるので助かります。

    店内は確かに狭く、調理スペースが2畳強くらい?
    L字型のカウンターに7人くらいでMAXでしょうか?
    しかしちゃんとトイレもある。(当たり前ですが)
    限界ギリギリで密に計算されたレイアウトなんだろうと思います。

    取り敢えず「ラーメン+野菜増し(無料)+カラメ」¥750の発注。
    先客1人分のを作っておられたので、着丼までは6分ってところ。
    なので発注から着丼までは5分程度掛かるのだろうと思います。

    まずスープをいただきました。
    野菜増しにしたので「カラメ」でお願いした分、濃い味ですが二郎系なので良い感じ。
    「アブラ」の力で豚骨が感じられるバランスが良いスープ。
    麺は太麺で『愛』より一回り細い感じ。
    硬さは太麺にしては丁度良い加減。
    『愛』は普通の硬さでも結構硬いので、食べやすさはこちらですね。
    食感も味も良いと思います。

    チャーシューは「ハム」みたいな風貌で厚め。
    控えめな薄味ですが、柔らかく美味。

    野菜ですが、ここのところ野菜が高騰なのでか分かりませんが、
    「もやし」と「きゃべつ」の割合は95:5くらいでした(汗)
    そこは『愛』で食べ慣れている野菜の方が勝っていると思いました。
    でもこちらの野菜も茹で加減も良く、スープに馴染みます。

    最後に残ったスープをレンゲですすりましたが、やはり美味しい。
    塩分が気になるところですが、止まりませんでした。

    「自家製海老辛」は今回敬遠しましたが、次回は頼んでみようと思います。

    二郎系・・・
    後は五日市の多華味か・・・

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)