#4272 返信
: 某魚類

見っけた!見っけたYO-!

先日初訪問した道元のメニューに、汁あり担々麺らしきブツを確認しておりました。
その時にいただいたラーメンもクソ旨かったんで、これは期待できるかも?と今日の昼に訪問。早速そのブツ「味噌タンタン麺」780円を注文いたしました。

着丼した風貌は「ん?ラーメン?」てくらいラーメン。スープが担々麺ぽい色で、ちょっとミンチ乗っかったラーメンですな、具材構成的にも。本来なら青梗菜の役割を、ほうれん草が担ってらっしゃるのね。こりゃ…やっちゃった?えー…
疑念を感じながらも一口。ズズズ…

…ダメだ。
旨 す ぎ る 。

もう「汁あり担々麺」とかいう枠関係なしに、ただただこの商品が旨い。旨い。旨いひひひゃははぁっ!(錯乱)
ピリ辛かと問われればそう。胡麻風味かと問われれば「そこまでじゃ…」。味噌が有り、ミンチがあり、担々麺の構成はクリアしてるけどそんなん飛び抜けて 旨 す ぎ る 。
スープすすった瞬間に脳みそが貫かれた。ちぢれを選んだ麺、正解だったかどうかは分からないが、しっかりスープまとってくれてありがたし。ほうれん草がこの風味に恐ろしいほど合致して、煮卵が「初めまして、私が王です」とばかりの存在感。
スープすすれば止まらない。スコスコすすってこりゃヤヴァい。あかん、デブにはあかん!

危険を察知したものの、時すでに遅し。
完全に完食された丼の、何と趣深いことか。はぁ…
これ、いいです。クセになるかも。