広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

麺屋愛 0028

広島県広島市 安佐南区緑井2丁目12-2
082-205-8158
11:00~14:00
18:00~20:00(LO)
定休日 火曜日

この世に愛など存在しない..そんなものは幻想にすぎん。

こういう結論に達した御仁もいるかもしれん。それくらい今の世はハードボイルドな仕上がりとなっている。と、見ればあるではないか。愛0028。 広島で二郎系と言えばここが一番に名の挙がる名手であるらしい。

店内はどこにでもありそうな、定食屋、居酒屋テイストを残した旧式物件であるが着席した瞬間にはもうオーダーを取りに来る手際の良さで、気がつけば図らずもチャーシュー麺を注文してしまったのであった。

それにしても、ここはメニューの振り幅が広い。いや、厳密にはトッピングやら何やらで細かい選択の余地が多く、小刻みなカスタマイズが可能な芸風である。客は喜ぶかもしれんが、店主は大変であろう。それだけに「愛ゆえに・・」という事か。愛ゆえに、と言えば「退かぬ媚びぬ省みぬの」名言とセットで語られる必要があるわけだが、昨今はこういうのが通じん輩が大手を振って闊歩する世の中になってしまったものだから、ここではこれ以上の展開は控えることとしたい。

そんな流れで登場したのが愛の讃歌!二郎さんを彷彿とさせるらしい名物登場と相成った!!

ai02

ぬぅ、これでは山では無いか。これが出てくると最初から分かってはいても、登山前の緊張感の亜種みたいな心持ちが芽生えてくるのは私だけではあるまい。そういう事であるから早速箸をブチ込む!

まあ当たり前だが、麺に届かないのである。ここでもカミツキガメ(ワニガメの事)のようにバリバリとキャベツとモヤシを噛み砕いた先に御本尊との出会いがある。ようやくぶっとい麺がお目見えとなった瞬間、ふくよかな豚骨臭がモワッと湧き上がる。しょっぱなから野菜全開で来ているので、ここでの動物っぽさが一気に肉食への揺り戻しとなる。キタァ-ッ、と麺を掴み上げるも加速しかけたところで槍衾(やりぶすま)のごとくもやしが遮断をかけてくるので、ここでも引き続きカミツキガメのごとくバリバリと噛み倒していたところ、ようやくぶっとい麺が快楽へと変わり始めるのである。この門番というか前戯というか、野菜類の洗礼はなかなかハードなもので、しかも麺も芯を残したうどんのような強靭さがあるから、これは喰らう事に対して『基礎体力』が求められるという、なかなか稀有な展開である。

ai03

キャベツとモヤシをそのまま喰らった時の無味さ加減は一種の砂漠であるが、それを補うかのごとく背脂入りの濃特テロテロなスープが流し込まれてくるのだから、これはほとんど飴と鞭で、すなわち業界の『マザン』。好きな御仁にとっては蟻地獄そのものであるな。

ai04

そんな流れで到達するチャーシューこそ肉食の極み。このゴリゴリなメンツの中にあって、このチャーシューだけが崩落寸前のホロホロ仕立てで、この緩急のつけ方は両極端/エクストリームとしか言いようが無い。見方を変えれば氷とお湯で交互に攻める『火氷天国』にも通ずるところのある、明快にしてキレの良い大陸芸。チャーシューは豚バラのロールチャーシューに見えるが、幸か不幸か脂ノリノリ子で物量的に厳しい。というのも背脂の存在である。ここに両者の存在がぶつかり合う不測の事態が勃発するわけで、私などはド素人丸出しで冷や汗が脇を濡らすのである。

在野の玄人さんであれば、ここは背脂抜きとか野菜増しなどでバランスを整えるのであろうが、私などでは歯が立たぬのであるな。

そんな峠を越えて落ち着いたところでスープをゆっくりとたしなむゆとりが生まれる。と、舌で転がせばこのスープ、案外抑制が効いていて、無意味に濃厚とか、無意味な過剰塩分といったものが少ない。

強靭な野菜と剛麺を中和するほどの濃厚なスープであるが、一歩控えてやや余白を残した感がある。その隙間で各種トッピングが花開く無限空間となる。

ここに聖地を見出した御人らが独自の価値観でルネサンスを構築しているのがこの店の真髄であろう。

愛ゆえに文化は育つ。よくわからんが私などは星8つ。

ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 36 , 得点平均: 5.86
Loading...

ご意見番の声を聞け!

  1. 本日11時訪問しました。
    平日なのですが開店直後そのまま満席に、人気店ですね。

    辛味噌らーめん700円、焼豚でなく辛ミンチなので角切り焼豚100円トッピング
    ニンニクありで頂きました。

    辛さがマイルドになるので、辛らーめんには背脂がデフォで無しとの事でしたが
    次回は入れてみようかなと。

    今まで、らーめん、辛らーめん、辛味噌らーめんと食べましたが
    個人的には辛味噌らーめんが一番でした。

    エアコン無しで店内暑く、汗かきながらも美味しく頂きました。

  2. ここのラーメン?は
    食べれんわ
    リピーターはいないっしょ?
    気がしれん(^.^)

  3. 二郎系を名乗るが、ジロリアンからすれば「だいぶ違う」。
    福山市にある某店は全然違うので、それに比べればまだましだが。
    店主がもし二郎系を自認するなら、二郎インスパイアと認められるレベルにしてほしい。店主は二郎を食べたことがないのではないか?

  4. 辛ラーメンを久し振りにいただきました。
    平日のランチタイムの13時過ぎに行きましたが待たずに入れました。

    麺マシ、ニンニク無し🍜

    アブラ、カラメは唱えず、休日ならニンニクアリの呪文かと。

    しかし美味。
    辛さ加減と麺と野菜のバランス。
    丁度、スープも完飲出来る量。
    ※個人差あり(笑)

    一見さんらしき人が…
    チャーシュー、麺マシマシ、ヤサイマシマシ、アブラ、ニンニクアリを唱えてました。
    チラ見しましたが、本当に食べられるのかと。
    最後まで見たかったのですが…
    二郎は調子に乗ると後悔しますよね⤵

  5. 評判をきいてGWど真ん中に凸撃。並びは意外と少なく10分くらいで入店。
    初見なんでラーメン野菜にんにく増しを注文する。
    しばし待つとお目当のデカ盛りで、期待感マックスで食す。
    思ってた味と違い残念な感じ。自分醤油豚骨は好きだが、醤油がちと強すぎる。しょっぱい感じでした。
    接客は良い方だと思います。
    次回は違うラーメン食べてみたいと思います。

  6. ああ食べたいなあ…
    ここのネック?は行列による待ち時間だけ!
    夏場は、死にかけます(^^;
    後は最高!

    1. だから〜、6時過ぎに行きなはれ。
      5月4日6時過ぎに行ったけど、駐車場に車を入れてから注文してラーメンが出てくるまで8分だったよ。

  7. 穴場の時間、6時過ぎに訪問。
    待つことなく駐車場に車を入れ、入店して直ぐに注文。
    いつもの赤みそラーメンに辛ミンチのトッピング。
    甘辛で野菜たっぷりの健康ラーメンを美味しくいただきました。
    内税だし、割安感があります。
    また、穴場の時間を狙って食べにいきます。

  8. 値段も味も文句なし!!!
    ただこれだけは言わせてくれ。
    数量限定の角切りチャーシューが朝一で行っても無いってどういうことや?
    せめて何人か分は置いとけよ!!!

    1. 角切りチャーシューを何回かトッピングした事があるけど、最近は、品切れの時が多いので注文しなくなった。せめて品切れの時は、お品書きに書いておくべきだな。
      ただし、この店のサービス全般は良いと思う。

  9. 開店当初から月に3~4回くらい通ってたが、最近味が変わってきて、うーん、、、
    というか提供数を増やすためだと思われるがスープが少なくなってる。
    そのせいか、醤油辛さが前よりも目立つ。
    安く提供して頂いてるので仕方ないのかもしれないけれども。
    愛想はいいし、値段上げても行くつもりだったが味が変わってしまったのは残念。

  10. 日曜日、久々に行って来ました。

    11時10分に到着。
    11時開店なので余裕だろうと。
    しかし、駐車場は店の前の「軽」1台分しか空いていない・・・

    別の場所に駐車して店に行くと、既に店内満席。
    4人掛け×2のテーブルに2人×2組が別々におられたので実際は後4人入れる状態。
    店の外で4人目としての待機。

    20分程度待って入店。
    「らーめん、麺増し、脂増し、にんにくありで。」
    ランチタイムなので¥680

    普段は「にんにく」入れないのですが、やはり入れると美味しいですね。
    また「脂増し」にしたので、スープもこってり。
    ここは野菜に「きゃべつ」が入っているので、市内ではここだけの楽しみ。
    麺の硬さは「ふつう」が丁度良いですね。

    麺もスープも久々だからか超美味しかったです。
    後、チャーシューも。
    店主、腕を上げた様です。

    個人的には・・・
    1位:JIDAI
    2位:愛0028
    3位:多華味
    とはいえ、どの店も良いところがあり、ほぼ順位に差は無いのですがね。

    1. ぐうさん

      28日に行ってきました。開店20分前で5番目、今では超人気店なんですよね。
      辛らーめん、ニンニク増しオーダー、辛ミンチ標準なんでチャーシュートッピング、ランチタイムの麺増し、ご飯はご遠慮しました。
      背脂なしなのでストレートなピリ辛で、いつもの辛ミンチトッピングより美味しかったです。

      そして私もJIDAI押しです。

      1. らーめん好きさま→

        同じ日に私も行きました。
        時間は12時半だったので列は5番目。
        そこそこすんなり入れました。

        「辛」か「辛味噌」で悩んで結局「らーめん」にするという。
        しかし超人気店ですよね。

        店主の控えめな人柄も良いし、愛想も良いし、挨拶はっきりするし、
        これも行きやすい店の雰囲気を作っていると思います。

        個人的には麺の質感が以前より良い様に感じます。
        プリプリ感が良くなったというか・・・

        仕事で緑井方面に行っていたので訪問しましたが、
        また当分行けないかも・・・

        多華味とJIDAIはそこそこ行ってます(笑)

  11. こちらはラーメンの種類がそこそこあって、一通りは食べました。
     
    ノーマルも良いのですが、「辛ラーメン」ってのにハマリました。
    ノーマルにあるチャーシューが挽肉に変わり、自家製ラー油で味付けされています。
    ビックリする辛さでもないのですが、夏場はそこそこ汗が出ます。
    パンチが効いていて麺と野菜にも合い、個人的にはノーマルより好きです。

    また、ランチタイムのサービスで「麺増し」か「ライス」があるのですが、
    常連の雰囲気のある方は「ライス」をお願いし、残ったスープに入れて完食されていました。
    その食べ方あり!
    と思いながら毎回「麺増しで。」とお願いしております・・・

    平日のランチタイムでも行列が出来るので、開店直後か13時過ぎに訪問するのが賢明ですね。

    写真は「辛ラーメン・野菜増し・ニンニク増し増し」だったかと思います。
    ニンニクは少なめでも結構入っているので、食後に問題のある方は「無し」をお勧めします。
    生の刻みニンニクなので、そこそこの覚悟が必要かと(笑)

  12. 主さま➡

    愛の取り上げありがとうございます⤴
    北斗の〇「〇を取り戻せ」感じます(笑)

    ここは友人の紹介で訪問しましたが初二郎で衝撃を受けました((((゜д゜;))))

    超極太の麺
    野菜の大盛
    背脂
    にんにく

    ラーメンの最終進化みたいな。

    市内からは遠いですが価格設定はリーサラに優しいお店だと。

    市内の二郎は数店しかありませんが、若い店主にはこれからも頑張って欲しいです。

    ✴写メ添付したいですが初スマホで操作分からず…

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)