広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

麺屋一 ichi

麺屋一
広島県広島市西区楠木町3-8-4
082-230-0233
11:30~14:30
18:00~21:30
定休日 月曜日

在野のラーメン好きに名店を挙げてもらうと、そこそこの頻度で名の挙がる実力派である。

店内は超オーソドックスL字型のカウンターにて、ご主人の佇まいにもちょっとした風格がある。

品は『醤油』が主力のようだが、『塩・にんにく』と『赤』の選択が可能となっている。本来ならば醤油といきたいところだが、酷暑のここは塩にてオーダーを通す。

麺屋ichi のメニュー

ご主人はもくもくと仕事をこなすタイプのようだが無愛想な感じはない。店内の空気感が柔らかいのは、店主と従業員の関係の良さにも起因するのは間違いないだろう。

塩・にんにく らー麺

というわけで、計測5.56.1、『塩・にんにくのらー麺』が登場となる。若干時間がかかったのは、私のオーダー直後に別のオヤジが入店した為で、そちらに合わせての提供となったからだ。

それにしても、風貌はなかなか見ない感じの器で、ちょっとした『美学』と妥協しない『一徹さ』を感じる。見た目においてはここ何件かの中で一番の優美さである。

で、一口目の印象だが、これもまこと素晴らしい。香りや臭み、カドや刺激などは皆無に近いが、華美さの無い風味はすなわち肉体の欲する塩分であり、細麺とスープの質量がマイルドながらも重厚である。

塩ラーメンといえば鶏ガラ主力であっさりクリアーなケースが多いが、当店においては豚骨のゼラチン質というか、油膜系のヌメヌメが結構幅を効かせているようで、それが重量感のベースとなっているようだ。

らー麺

にんにくオイル、いわゆる香油は食欲増進の主力であるが、一歩間違えば味覚を黒一色に染め上げる飛び道具となり得る。それについては本通りの藤原ラーメンが記憶に新しいところだが、当店においてはそのような『過失』を犯す事もなく、絶妙な注力バランスにてプロフェッショナルの底力を誇示するかのようだ。

この時点で私のような者など感服してひれ伏しそうなもので、しかしゴリ押ししてこない控えめな味付けゆえに、穏やかに食を進める事が可能となる。

トッピングで追加した味玉は定番の風貌ながらもイベントとして非常に重要なポジションで、見ているだけでお楽しみ気分が湧き上がる。で、味の方は比較的普通である。むしろスープの塩加減に押され気味であり、これは亭主を関白として一歩引き下がる良妻の部類。実に奥ゆかしい。

味玉

さて、最も気になるブ厚系チャーシューであるが、これは秀逸の一言に尽きる。脂分はトロトロで豚さんの旨いところが凝縮され尽くした『離れ業』。箸でつまめば溶けてしまいそうなホロホロ加減が緊張感を高めるが、肉のみの部位は逆にしっかりシマった硬派な肉質で、意外に淡白な感じが対比法を彷彿とさせるアート。こいつは旨い。

チャーシュー

で、息をついたところでほのかに香るニンニクと言った具合で、食としての演出に抜かりなは無い。残ったスープは思いのほか塩分が強く、しかし道中ではほとんどそれを感じさせなかったのは名店に共通する基本構成によるものか。

熱波で失われた塩分も十分に補充され、後味も比較的サッパリした感じは至福。砂漠の中の長旅にも耐えられそうな、まことポシティヴな予感であった。

★9コ。

麺屋 ichi 外観


大きな地図で見る
ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 159 , 得点平均: 6.91
Loading...

ご意見番の声を聞け!

  1. はじめて赤から食べました。辛み成分がラー油っぽいのですが、その為かかなり出前一丁感が出てしまってます。
    自分がラーメンに辛さを求めないので、やはりいつもの黒ニンニクにしておくべきでした。

  2. 評価を見て、初訪問。
    19時過ぎに相方と二人での訪問となりました。駐車場が合計3台あるのはありがたいですね。
    先客は3人。コンスタントに訪問客が続き、その人気がうかがえます。
    相方は醤油とんこつ、私は黒ニンニクと明太のっけ飯を注文。メニューを見る限り、今はスープによっての値段の違いはなくなったみたいです。

    で、その味。
    黒ニンニク、皆様が言われるとおり、ニンニクほぼ感じられませんでした。色的にもてっきりマー油がっつりかと思ったんですが。ある意味裏切られましたね。
    旨いのは確かに旨いです。いろいろと手を加えられた複雑な味のスープは、こくとうまみを見事に両立しています。麺もしっかり味わい深い。うむ。
    ただ、「濃い」。
    あ、誤解なきように申し上げますが、私は濃いスープの方が好みです。ドロッドロの特濃コールタール上等かかってこい状態。九州じゃんがらでもぼんしゃんかくにくがスタンダードで(以下省略)
    スープ濃いのは大歓迎…なのですが、このラーメンは他の「調味料」のほうを強く感じるのです。麺にまとわりついて、麺の強い味もろとも流れ込んでくる「調味料の味」の大きさは、私にはちょっと過ぎた刺激でした。
    そしてそれに輪をかける明太のっけ飯。ご飯の上に、ほぐし明太、青ネギ、そして「マヨネーズ」。…濃いわぁ、うん…

    相方も同じ感想。決してまずいラーメンではありませんが、私たちとは方向性が会わなかったみたいです。残念。

  3. ここうまいんだけどラーメン出てくるのが遅いんだよな
    1度に3人前しか作れない仕組みっぽくて、タイミング悪いと20分以上待たされる
    昼の混雑時に行く人は要注意

  4. 本気で美味しいね、ここに行けばうまいラーメンがあるって感じ

  5. もっと評価されてもいいと思う
    昼は流行ってますけど夜行くとガラガラです(笑)

  6. あ味の丼をそのまま引き継いだそうです。
    味もお店の雰囲気も良好で良くいくのですが、もう30円でも安ければありがたい。

  7. 黒にんにく塩といいつつ、にんにく臭い訳でもなくおいしくいただきました。(おろしにんにくとか入ってたらどうしようかと思いました)
    餃子はちょっとこれといった特徴もなく残念でした。(盛り付け、見せ方の点でも)
    ねぎが青い細ネギだったら言うことないです。家からも近いので、もはや遠出して満得に行く必要も無くなった気がします。

  8. 可もなく不可もなくってとこでした。
    店構えで期待してたぶん、ん…ん

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)