広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

臥龍

広島県廿日市市串戸2-8-15
0829-32-3019
平日 11:00~翌1:00
日・祝日 11:00~24:00
無休らしい

我流ではなく臥龍。芸北の臥龍山との関連については誰も知らない。オロチを排出した光岡自動車にもガリューという車種が存在するが、ハートとしては近いところにあるのかも知れん。

立地内装ともに特筆すべき点はなさそうだが、メニューは気になる命名の『濃味とんこつ』。もちろん選択はバリカタしかあり得ない。

意思決定は秒殺にして、提供時間は早めの2.31.2!!入店からあれよあれよで 『濃味~』の到着と相成った。

見た目はとことんオーソドックスで、器も黒だから気分は博多以外への逃避を許さない。ここは瀬戸内を玄界灘と見たてて一気に喰らい倒す!!

・・ぅム。ファーストコンタクトは優等生であるな。軽めのニンニク臭と密度が高めのスープの舌触りで、麺はバリカタと言えども標準値に近いところ。店名から想像されるようなハードパンチャーではなく、生真面目な伝統気質であるようだ。空腹時にガッ!!!と喰らい倒せば他との違いはあまり気にされないような、ある意味普遍的な立ち居地であろうか。

濃味というと濃厚、特濃、苛烈激烈なベクトルと混同されがちだが、それらはエンタメの要素とも親類であるため、純粋な食から見れば付加価値の部類となる。それを思えば当店は、遊びを排した王道正道で道を征く正門突破型と評せよう。

チャーシュー

その流れでチャーシューが光る。前の世代~もう一つ前の世代による秘儀的な臭みこそ人間そのもの。柔らかみと芳醇さが程よい落としどころで喜ばしい。ここだけパラメーターが尖っていて心に刻まれるのであった。

味玉

となると気になるのは隣に鎮座する味玉だが、これが同様に深みがあってよろしい。黄身に凝縮された旨味こそ日々の業務と営業努力の賜物か。スープと混ざるとまた瞬間的・局所的な濃密さが誕生し、小規模クライマックスの様相。それでもスープ単体で味わえば案外重くなく、ここはキャストの総和で『濃い味』が演出されているようであった。

それ以後は特に事件もなく、さらりと終幕に至り、やがて日常の中に記憶の断片として織り込まれて行くであろう。

総論として、面白みという点では特筆しづらいが、火遊びをしない分、着実に一歩一歩上がって行くであろう『将来への期待値』を感じた次第である。次期レジェンドはこういうタイプの延長線上にありそうだ。後から聞けばミシュラン広島にも掲載されたとの事で、玄人好みなのであろう。

よってド素人の私などは星7つ。

大きな地図で見る
ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 99 , 得点平均: 6.17
Loading...

ご意見番の声を聞け!

  1. 近所にあるのでリピートしています。クーポン使うときの店主のムスッとした顔に不快感を覚えること、店員がなかなか注文を取りに来ない以外は不満ありません。クーポン使って安く食べれるのでそこは我慢です。味は普通で悪くないです。

  2. あっさり豚骨では最高峰!
    食べた後にまたすぐに食べたくなるラーメン。

    城山にあった頃から18年通い続けてます。

  3. 本当に廿日市のラーメンは
    「立地が良いほど美味しくない」という法則があって
    この法則があてはまるこの店のラーメンは「ただの豚骨汁」といった印象
    本当に食べて損したと思うような普通っぽさで、
    言うなればスーパーに陳列されてる生麺系とんこつラーメン食ってる感じ

  4. 本当に普通のレベルのラーメンです。
    特筆すべきは漫画の豊富さのみ

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)