広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

月月亭

広島市中区八丁堀13-3
082-227-1650
11:00~17:00(L.O16:30)
http://tukitukitei.atumari.net/
店休日:日祝とランダムで土曜

月月亭(つきつきてい)である。もちろん骨々亭(こつこつてい)の姉妹店ではない。2012年の夏にオープンで、どことなくうどん屋っぽいネーミングだが、広島市中心街では貴重な『尾道ラーメン』、いや『尾道中華そば』のお店だという。

尾道における尾道ラーメンは玉石混合である。観光協会の思惑、いや努力の結果であろうか、名前だけが先行して全国に知名度が高まった感があり、よってそこに便乗する形で『自称尾道ラーメン』みたいな店が跋扈した背景があるのだと思われる。尾道ラーメンの定義自体が極めて人工的と言えるかもしれないが、不自然なポジショニングは『初期の広島つけ麺』も同じだったから、まぁ気にしなくていいだろう。

そんなわけで素性不明の準新店に挑む。

・・で、店に入ればメニューはシンプル。『尾道中華そば』以外の選択肢は当然皆無で潔し。店内は狭いがこぎれいで、照明は落としてあるが明るい雰囲気だ。

14:00以降は喫煙可で、おっさんがタバコを吸っているのが非常に迷惑ではあるが、そこはお店も苦渋の決断だろうから心情を察するしかない。

尾道ラーメン

などと言っているうちに、計測2.01.6、良好なタイムで尾道ラーメンの登場となった。

 

・・これは、小池さん。

2013年においてナルトがど真ん中に布陣するのは斬新そのものであり、絶滅したと思っていたクニマスがひっそりと生き残っていたような懐かしさと、セピア色のキラキラをともなう青春・郷愁・哀愁のスリープラトン。それ以外はきわめてシンプルながらも尾道の代名詞的な背脂が空間を埋める視覚の快楽。早速頂くしかない。

背脂

当店が超ノスタルジックな路線なのはわけがあるようで、いわゆる『尾道ラーメン』以前から存在する、尾道のおばあちゃんが作るやさしくて懐かしい中華そば、というようなものを目指したようだ。ホームページにそんな事が書いてあったから本当なのだろう。無添加で体にも優しいのだという。

口にすれば確かに『優しい』以外の表現が見つからない。背脂はあくまで背脂単体で、豚骨ベースの組み立てではない。和っぽいのは魚介というか煮干の風味だろう。薄味でパンチをおさえたすこぶる平和的なもの。が、薄っぺらい部分はなく、ボディはしっかりと固められた、ダシによる補強がきっちりと成されている基礎体力派。

ナルトとネギ

細麺と太麺が選べるが、このスープの場合どちらでも合いそうな、普遍と言うか万能な落としどころと言えそうだ。喰い進むも特に山場などは無く、しかし別に見せ場や濡れ場が存在しなくても成立する、いまどきの飲食店にしては珍しい組み立てであるな。

チャーシューもアッサリ淡白で、ささみのようなそっけなさがあるが、わずかに豚っぽく香るところに背脂がのっかってくるから、平和路線の中に美味く納まる肉食ドラマが健全。

以降、特筆すべき点もなく、舞台は終盤へ。スープ単体でも、特に薫り高いわけでなく、しかし貧弱さはない。で、ごはん、おにぎりとの相性が抜群によろしい。無添加が関係あるかどうかは不明だが、食後感も良好そのもので、これは医学界から減量義務を申し付けられた御仁であっても食を許されそうな予感だ。

惜しむらくは立地で、中心街ながらも人の流れがほとんどない僻地。もうちょっとブレイクしても良さそうな店である。

★7つ

大きな地図で見る
ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 131 , 得点平均: 6.61
Loading...

貴殿に推奨したいお店はこれだ!

ご意見番の声を聞け!

  1. 一目で尾道ではないと分かる (朱)ではない白いどんぶり。       
    なるとは一瞬青島食堂に見えるが・・・

  2. ツイッターで紹介されて気になったので
    行ってきました!おにぎりセットを注文して
    7分くらいでラーメン登場、すごくあっさりで
    なかなか美味しかったです!(*^^*)おにぎりも
    美味しくいただきました!

  3. 確かに、正当派の尾道ラーメンと期待して行くと、びっくりしますね。
    セットメニューも増えているので、今後ラーメンに意識が集中しなくなるかも知れません。尾道ラーメンではないと考えて食べれば、それなりにおいしいラーメンだと思います。

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)