広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

尾道ラーメン暁
広島県広島市中区鉄砲町8-23
082-511-8177
11:00~22:00
無休だという
https://www.facebook.com/onomichi.akatsuki

八丁堀にオープンした尾道ラーメンのお店である。すなわち暁。人によっては『あきら』と読むだろうが、ここは普通に『あかつき』が正解だ。

オープン間もない店内においても内装に特筆すべき点は無いわけだが、竹原の『太華園』以来尾道贔屓の私としては、抑えても抑えきれない期待がもうもうと湧き上がるのであった。が、期待のしすぎはハリウッド映画と同じで最悪の後味へと成り下がるのが世の常なれば、ここは気持ちを鎮め、あえて期待値を圧殺してラーメン(650円)へのオーダーに進む。

 

・・と、見渡せば『井上製麺』の表記が目立つ。幟や看板はまあいいとして、これ見よがしに麺のケースが積み上がっているのは一種の心理戦であり、平たく言えば演出という事になる。本格を打ち出したいお店側の意向、つまり硬派な芸風であるのだと判断したい。

などと言っているうちに、見れば来たではないか。

akatsuki02

おぉ、これはド素人でも理解できる絵に描いたような尾道ラーメンであるな。国民的美少女と同じで細部は異なっても根底は同じという事か。それでは審査前日の審査員同様に、早速お手つきさせて頂くとしよう。

当初モワッと香るかに思われたが、芳香はそこまで広がらず比較的ライトな部類の印象である。オイル感もそこまでこってりしておらず、『ズイが溶け出すまでコトコトと・・』といったコアな攻め口ではなさそうだ。第一印象として、ガツンとくる二歩手前。あえて間口を広げて万客へアプローチする方向か。都市部の新規オープンではまあ無難で安全な方向かもしれん。優良尾道であるな。

akatsuki04

麺はモチモチ感やや控え目の平打ちで、同じく守備範囲は広い。これが本来の持ち味なのかどうかは私などには判断できかねるわけだが、優良な部類であろう。

尾道と言えば背脂だが、ここは流れにしっかりと組み込まれ、オイルの一部と化す。流れを無視した背脂ほど嘘っぽいものは無く、その扱いがそのお店の練度の象徴のような気がしてならないわけだが、その意味でも当店はオープン間もない段階でキッチリと為すべきことを遂行している印象である。

akatsuki03

チャーシューは薄め、固めで、噛み締めて味を引き出す体験型。取り巻きはネギと背脂、メンマ。もちろんメンマは歯ごたえだけを残して一歩後に控える布陣。ここで改めてスープ単体で吟味すれば、それなりの重みがあり、飛魚だしの風味が醤油の広がりに追随。手の込んだ余韻が表面化するのであった。

総論として、当初の印象とは裏腹に味は濃い目であったが、そういうのを感じさせない甘み、主婦やOLでも入り込みやすいとっつきの良さ、逆に言えば肉体労働後の来店を想定していない都会っぽさが当店の売りかも知れない。周辺に同じベクトルの競合がいないだけに、ここで生き残れば尾道ファンにとっての聖地ともなり得る!

★8つ


大きな地図で見る
ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 86 , 得点平均: 5.66
Loading...

ご意見番の声を聞け!

  1. お昼にスペシャルを注文。
    ラーメン・チャーハン・から揚げのSETです。
    まずはチャーハン、旨味感じる美味しさで冷めても美味しいと思い、
    揚げたてのから揚げを頂くが、とても香ばしく無難であります。
    そしていよいよラーメンに挑むが、麵をすすり、スープを口に含むが ???
    口の中で味が絡まない、そして醤油の色したスープだが醤油を感じない!
    スープ単体で頂くが、皆さまが言われる濃いがまったくなし。
    けっして不味くないのだが、都会の洗練とは違うインパクトが全くない尾道ラーメンとの印象に終始しました。

  2. ランチタイムに初訪問してきました。

    王道「チャーハンセット」を注文。待つこと3分で到着。
    まずは麺からいただきズズズッ。…あら?オイシイじゃない。中細の麺の食感も、引き上げられるスープも素敵。ちょーどいい濃さの尾道ラーメン。特に塩辛さは感じないッス。ブレがあるのかしら?
    表面の油がフタになって、本体スープの熱々なこと。猫舌殺し。私もガチ猫ですが、でも旨いわこれ。

    チャーハンはどうかしら?
    見た目も臭いも中華屋系ど真ん中。油と塩コショウのコラボレーション。この赤い福神漬けの説得力と言ったら…パクッ!
    うは!これこれ!ごく普通の中華屋チャーハン!この味好き~!

    唐揚げセットや日替わりもあるみたい。
    ラーメンそのものが旨いし、サイドメニューもイイカンジ。うん、とても満足いたしました。

    ただ…店で気になる点が少々。

    店員はニーチャン3名。皆さん忙しく動き回られててまずね。店の繁盛も相まって、慌ただしい印象。
    だからか、テーブルに置いてあるお冷やのポット、水が無いまま放置ですよ。ちょっと遠くにあったポットにはまだ水あったけど、これも一杯分ギリ。私の退店間際にようやく補充されました。
    レンゲも備え付けなんですが、目の前のレンゲ入れケースは空です。ラーメンすするのには特になくてもいいですが、こちとらチャーハンですよ。手づかみで食えってか?だったら右手で食わなきゃね!?(使命感)
    閑話休題。
    チャーハン出すなら、たとえ備え付けがあっても皿にはレンゲ付けといてほしいです。

    声かけりゃいいんでしょうが、ほら、私、シャイですから…(///)

    1. 相性、とでも言うものがあるのでしょうか…
      「味がまずい」とか「店員の態度が悪い」とか、そういう明確な理由があるのなら、その店を嫌うのは分かります。そうじゃない…そうじゃないのに…

      ランチタイムに訪問。今回は唐揚げセットBを所望。
      普通に出てきて、ラーメンも唐揚げもウマウマ。他の方の書き込みにあるような、塩辛さや味の不調などは、今回も感じませんでした。
      何の問題も無く平らげて「ごっつぉさん!」、と、帰る…はずだったのに…

      唐揚げ、最後の1コ。マヨ付けてがぶり。うん、旨い。旨い。旨「ジャリッ!」
      …「ジャリッ」?
      砂?…じゃない。噛めるし、溶けてる?これは何?なに?な ギ ャ ァ ァ ァ ァ ス ッ !
      しょしょしょ し ょ っ ぺ ーーーー ぇ っ !

      どこで紛れたのか、 塩 の 塊 が大量に!大量に!大量 ギ ャ ァ ァ ァ ァ ス ッ !
      喉が!喉の奥が吉原大炎上!あふひへぁぁぁっ!お許しください女王様!ア゛ーーーーッ!
      何とか穏便に済ませようと飲み込む努力をするも生理的拒否にてあえなくティッシュにベェェェッ!あぐっ!飲み込む努力をした分が喉から離れてくれない!ひぎぃっ!

      こみ上げる唾液を必至でティッシュに取る午後1時前。あー…このまま会社休もうかなぁ…(現実逃避)
      汚い姿をさらしてしまい、まわりの皆様にはこの場を借りてお詫び申し上げます。

      ここまで酷いと、さすがに店員さんに言ってもいいんでしょうが…言ったところで謝られて終わりよね。もしくは料金無料か、唐揚げ作り直してくれるか。いや、もういらんし。
      ゴタゴタもメンドクサイので、そのまま店を後にしました。シャイな自分がつくづく憎い。(///)

      こういうことがあると、どうしてももう行く気にならないんですよね。悲しい…

      1. なんだかんだ言ってても再訪するくらいだから又行くでしょ

  3. 以前行って、かなり久しぶりに行きましたが、
    こんなにお店の対応悪かったかな?と感じました。

    カウンターの水はないまま放置だし、れんげもどの席もないの分かってて、出してくれようともしない。はいって、濡れたままのれんげ渡されるし、愛想も良くない。お客さんみな大変そうに見えました。

    味は個人的にはオイリーに感じますが、
    まあ普通においしい尾道ラーメンなのかな?
    といった印象です。

    人気が出ると対応ってこうなるもんかな?
    と少し悲しくなりました。

  4. この界隈で5回以上通わせてもらった店は上海総本店だけであった(過去形)。背脂ががっつり入っており、表面は冷めているように見えて実は熱々というギャップもよい。味はドストライク。鳥取県中部地震(2016.10.21)の日も、ちょうど有給休暇でこの店に向かっている時に緊急地震速報がスマホから流れてビビったわ。給料が出たらその週末に行かせてもらっている。欲を言えば、テーブルの胡椒、これにはこだわってほしい。「GABAN®」など名の通ったところの粗びき胡椒を置いてもらえれば

  5. 今日行ってきました

    僕はみなさんとは反対で物凄く薄味でした
    醤油忘れてるんじゃない?ってぐらい
    その分熱すぎる背脂の油っぽさが引き立ちギトギトに感じました

    きっと醤油を忘れたんでしょう
    でも当分は行かないかな

  6. お昼に行って来ました。

    悪いことに12:00過ぎの到着だったので満席。
    カウンター9席と4人掛けテーブル×1と2人掛けテーブル×2全て埋まっている。
    と言う事は期待しても良いという事だろうか?

    「辛い」のと「ノーマル」の選択肢でしたが、お初なのでノーマル大盛で。
    見た目の第一印象は尾道ラーメンそのもの。
    スープはかなり濃い黒色。

    実食。
    油膜が厚いのでスープも熱々。
    一口目のスープでは味が分からないくらい。
    背脂と一緒に冷まして飲むと・・・
    う~ん・・・、醤油が強い・・・っか塩辛いかと。
    ベース(魚ダシ?)の味は感じる事が出来ませんでした。
    麺はそれなりで悪くないし、チャーシューも同じく。
    ちょっと残念な気がしました。

    市内で初めての尾道ラーメン実食は結果宜しくなかったです。
    味億に行った事がないので、そちらにも行ってみたいと思いました。

  7. フラワーの時に出店されてたのでいただきました。

    美味しかったですよ。

    今度はお店に行ってみたいと思います。

  8. 自分が行った時も、塩辛くて、妻も辛いなぁって言うてました。コメントに、良くなったって書いてあるし無休とあったので、ゴールデンウィークに、行ってみましたが、閉まってました。たまたま?
    つぶれたの、もう?

    1. ゴールデンウイークはフラワーフェスティバルに出店されてたみたいですよー!
      シャッターに書いてありました!

  9. 1年ぶりに再訪。やはり1年前は分量がおかしかったのか、塩分過多ではありましたが、かなり食べやすくなっておりました。
    油膜が厚いのはまあ仕方ないとして、広島で食べる尾道ラーメンとしてはオススメできる一品ではないでしょうか。
    一つ気になるといえば中のお兄さんの頭髪ですかね。短くても抜けるものは抜けるのでそこらの配慮があればぐっと良いお店になると感じました。

  10. 私も塩辛くて、終盤つらかった。
    ラーメン650円なら、道を隔てた所にある桂林のチャーシューメン650円を選ぶ。

  11. 正直言って「広島中華そば」が好みの自分には合わなかった。
    塩辛い醤油感ばかりが広がって、最後までスープは飲めない。
    麺もスープと合っていない気がする。

  12. 広島市で尾道ラーメンが食べられるとは思わなかった。
    美味しいよ。

  13. 自分が行った時は、分量間違えたんじゃないかっていうほど醤油辛かったです。
    コメント見る限りは今はそうでもなさそうですねえ。チャンスがあればもう一度行ってみましょう。

  14. あっても困らないけど、なくなったら広島で尾道ラーメンが食べられないのは寂しい気がする。

  15. 福岡県太宰府市に、博多では珍しく「尾道ラーメン」のお店があります。そのお店の『味』を思い出させてくれました。「元祖尾道ラーメン萬友」と言います。製麺所も同じだったような気がします。

  16. 1回食ったが、麵はこの麵よりももっと平打ちにした方が良いのではないか?
    それと値段も550円か600円にすべきだと思った。
    確かに尾道ラーメンを出すのは広島市内ではないので、面白いとは思うが。
    のとと比べると、値段の割に味はちょっとって感じですね。

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)