広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

寿楽亭

寿楽亭
広島県広島市中区十日市町1-2-6
082-232-4541 10:00~16:00 定休日:日曜・祭日

この店はどういうわけか朝の10:00~の営業である。昼間は客が並び、少し遅れればスープが無くなるという人気店定番の流れで、ならば午前中に攻めるしかないのだが、日によって(スープの出来によって)開店しない日もあるというのだから、そんな不運にぶち当たれば朝から心が折れる…。

が、天気晴朗なる本日においては午前10時台にてちゃんと暖簾も出ており、朝っぱらからラーメンを堪能する快楽を得たわけである。

店に入れば一人で切り盛りしているという女将が出迎えてくれる。往年の大物女優(倍賞千恵子とか)を思わせる美人であり、かつて振りまいたであろう魅力は色あせながらも健在である。あと35年早ければ男性客はイチコロだったに違いなく、この時点で当店はもう異色である。

ここはいわゆる『広島ラーメン』の系譜であり、外観も店内も老舗共通の『徹底的にさびれた感』をかもす。メニューもおむすびの配置も古典の世界であり、今にも神隠しにあいそうだ。厨房は一段低いらしく私からやや見下ろされる格好で女将が労務に励んでおり、ちょっと申し訳ない気持ちと同時に、亭主を立てる昭和の淑女的ななまめかしさも感じる複雑な胸中にて待機。

店内

『中華そば並』を注文し、待っている間に『チャーシューは脂がある部分と無い部分どちらがいいか?』という事を聞いてくれる。これは早い時間に先鋒を務めた私の特権か?それもと美女特有の魔性の罠か?チャーシューはお任せの旨伝えると、即座に品は登場した。計測2:20:5。早いわ。

中華そば

『中華そば』の風貌はやはり古典クラシックのネギ盛り系で、想定どおりの流れに心がなごむ。が、一口含めば…。

これは驚きである。いわゆる『広島ラーメン』の店で、一発目からここまで心をワシ掴んできた店は無い!!

味のジャンルは、まぁ大まかに言えばいつもの広島定番である。が、スープはほんのり甘くかつ『質量』があって、しかし臭みやオイリーな感じは無く、決して攻めの姿勢ではないのだがそれでも抑えきれずに旨みが溢れてくるといった感じのもの。広島ではなかなか出会えない感触だ。

麺とチャーシュー

麺は細くたおやかな上品気質でわずかな塩っけを含み、超良質のそうめんといった表現が妥当だろうか。単独でもよろしいが、特に全体のバランスの上で非常に秀逸なものである。加水の程度はほどよく、うまい具合にスープをまとわりつかせ双方の存在感がズ太い。しかし決して濃厚ゴリ押しではなく『ボディ豊かなあっさり系』という、若干の矛盾をはらむ評となってしまう。決めテに欠ける『広島ラーメン』というジャンルにおいて、当店の品は明らかにキワ立っており、これはもう特上品としか言いようがない。品性という言葉がこれほどしっくりくるラーメンもなかなかないのではないか?

スープ

私が呆然としていると女将が適度な距離感で話しかけてくる。若いころは水商売だったのだろうか?しかも軽やかに私の素性を言い当ててくるのだからもうどうしようもない。ここは心を落ち着かせて麺に集中するしかない。

余談だが、この時聞いた話では、つい最近朝一で『葉加瀬太郎』そっくりの客が来たのだが、聞けばそれが本人だったのだとか。広島で朝から開いているラーメン屋を探していたという事らしい。『早起きは三文の得』を実演してくれたわけだ。

話を戻そう。食べ進めば麺とスープの絡みがますます優秀で、時間の経過とともに『惚れ』の程度が急加速していくのが分かる。その流れで挑むチャーシューは『ネギ盛り系』に定番の、ちょっとカタめでドライなやつだ。もちろん薄味であり、単品だとたいしたことなだそうだな。が、ここまでのプロセスを汲んだ上でたしなめば『こうあるべくしてこうあった』と言わしむる超良質な逸品だと気づく。もっさり盛られた小ネギすらも『必然のもの』としてそこにある禅の境地、もう美味くてどうしようもない。文章では無理だ。実際に来て喰らえ。

麺とスープ

最後に残ったスープは若干の塩みがあるが、後味も大変よろしく時間がたつほどに愛の芽生える『媚薬系(というか薬物系)』と評したい。

これは美味いわ。広島ラーメンの最高峰だな。相変わらず女将に胸がときめくし、まこと良き食体験であった。

帰路で通りがかった原爆ドームも風光明媚で過去の一切を超越した感がある。天気晴朗にして空高し。

★10こ。

寿楽亭外観

原爆ドーム

平和公園

大きな地図で見る
ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 109 , 得点平均: 7.20
Loading...

ご意見番の声を聞け!

  1. お盆の開店情報。
    2017年は8/13~8/16の4日間お休みです。17日から通常営業だそうです。

  2. 破れたのれんは修復済みです。
    現在のお店の写真をを貼っておきますね。

    お昼は、行列売り切れ当たり前の人気店です。スムーズ入店ご希望なら、開店時間直後の朝10時過ぎオススメ。朝ラー!朝ラー!とはいえ、朝でもお客さんひっきりなしです。
    確かに常連さん多いですが、んなこたぁどーでもいいってくらいの客層の幅広さ。お若い方、お仕事着の団体、家族連れ、おじいちゃんおばあちゃん、etc…
    注文の仕方も「中華そば」「ラーメン」「並」「大盛りで」「おそばください」「チャーシュー麺かため」十人十色。どんな注文にも笑顔で応える女将。
    究極は“何も注文しない”。座るだけ。女将が覚えてて出してくれるという。うは。

    いろいろ申しましたが、難しいこと考えずに普通に行ってラーメン食ってりゃいいと思うのです。女将は誰にでも微笑みかけてくれますよー。

    1. 土曜日なのに、12時10分に麺売り切れという。最近早いなぁ。
      訪問希望の方におかれましては、なるべくお早めの訪問をオススメします。大盛り注文が続くと予想以上に麺が切れるみたいです。
      それにしても相変わらず旨い!

      ※4月5日(水)は臨時休業とのことです。ご注意ください。

  3. 年明け1月5日、12時過ぎに行くも麺売り切れとのこと。
    本日11時に行ってまいりました。
    やはり寿楽亭は美味しいですね、スープと原田の麺がすごくマッチしてます。
    大盛りを頼みましたがスープまで全て飲んでしまいました。
    あとコスパも相当高いと思います。並550円、大盛り650円(麺2玉)
    女将さんには末長く頑張って欲しいものです。

  4. 前々から行きたかったお店。
    歩きで店の前を通った事は過去にはあったのですが、何となく入りにくく敬遠していました。
    当時は今ほど「ラヲタ」でなかった事も来店しなかった理由の一つでしょうか(笑)

    そんなこんなで本日初訪問。

    11時20分に到着しましたが、運良く先客は2名のみ。
    下調べをしておいたのでコップと給水器の位置は常連の如く把握。
    着席開口一発「ラーメン大盛りで。」

    2分弱で着丼でした。
    通常、スープを先に飲むのですがレンゲは無いのですね。
    ちょっと飲みにくかったですが、スープを一口。
    ふむふむ。
    慣れ親しんだ広島ラーメンの風味。
    他店と比較すると濃いと思いました。
    濃いと言うか、コクや風味の強さがそう感じさせる気もします。
    個人的には濃い味が好きなので好きなスープ。
    あっさり?こってり?その中間ってところでしょうか?

    麺には少し驚きました。
    広島ラーメンで、ここまでの細麺で提供する店は私の記憶にない。
    茹で加減も丁度良く、大盛りにありがちな「ダマ」にもなっていなくベストな感じ。

    それと麺とは逆の太もやしの食感に新鮮大量のネギ。
    チャーシューも食感しっかりで食べ応えあり。
    かなり魅了されました。

    お会計はカウンター上にお金を置いて、自分でお釣りを取るスタイルなんですね。
    広島激辛つけ麺のO華園みたい。

    個人的な意見(出来ればの要求)は。
    1.レンゲがほしい
    2.ティッシュがほしい
    3.禁煙にしてほしい(愛煙家ですが)
    4.カウンターの高さと椅子の高さがアンバランス?(もう少し椅子は低い方が良いかと)

    にしても、コスパ含めお勧めですね。
    何だろう?
    初めて行ったのですが、落ち着くというか、過去に来た事あるかもみたいな感覚。
    女将の人柄でしょうか?
    店の雰囲気でしょうか?
    さりげない名店。
    お勧め致します。

    お勧めと言えば、こちらには関係無いのですが・・・(余談)
    山陰の米子西IC付近にある「一刻」という店。
    こちらの「野菜ラーメン」が絶品。
    醤油、塩、味噌があります。
    また、同じく山陰の境港手前にある「竹ちゃんラーメン」という店。
    こちらの「境港(さかい)ラーメン」も絶品。
    主に番外編とかで色々紹介していただきたい(笑)

    1. レンゲ?女将一人で大変なのよ。ここはね、昭和の中華そば屋。忙しくない時は会計はカウンター以外にも対応してくれますよ。
      椅子の高さ?皆さん同じ身長とは限らないのでね。女将に相談してテーブルへどうぞ。相席の場合もあるよ。満席の場合は立食もあり。持ち帰りも。
      ダマにならないのは最近の丸テボじゃないからね、カウンターなら麺上げ見れるよ。
      自称ラヲタさん、ここは中華そば専門店なので。「ラーメン大盛で。」貴方だけかも。
      他店・県外店はお問合せにて。

    2. ここ美味しいですよね。
      醤油豚骨系の中で一番好きです。案外細麺が合うだなって思いました。
      確かにレンゲは欲しいですね。美味しいスープ飲みながら食べたい。
      丼に直接だと飲みにくいです。

      個人的には大盛りを1.5玉にして欲しい、私には2玉だと多い、スープとのバランスも。

      10時から開いてるのも魅力のひとつですよね。
      きれいな女将も。


      1. レンゲと椅子の高さに拘る輩はこの店には合わないね。

    3. レンゲはあって当たり前だと思うけど
      このお店に合わないとかじゃないような。

      1. じゃあ当たり前ではないこの店はあなたにとって苦痛だね。
        行く気あるなら店主に伝えてみたら?

  5. ◇食べやすい細麺
    ◇もやしとねぎによる絶妙なさっぱり感
    ◇臭みのない、脂っぽくもない絶妙なチャーシュー
    ◇あっさりでもない、こってりでもない
    味のしっかりしたスープ

    食べつくし、飲みつくし
    いつも器はからっぽになります。
    値段も安く、まず食べて間違いない広島ラーメン

    私の中では、
    素朴で軽くさくっと食べれるラーメン部門広島No1です。
    欲をいえばスープの量がもう少しあれば100点ですね!

    中が見えないので入りにくいですが、
    入って間違いなしのおすすめできる店です。

  6. 醤油がきつい時がある。
    スープがぬるい時がある。
    でも11時過ぎならほぼ旨い!!

  7. 以前から気になってたお店。ようやく初訪問~♪
    朝方、この付近を車で通りかかり、そういや10時から開店してるって話だったなーと思い出しました。思い立ったが吉日、無条件突貫。朝ラー!朝ラー!
    十日市から相生通りに入り、一本目(コーナーがコインパーキングのとこ)を左に。コインパーキングの奥が店という構図ゆえ、すぐ目の前にのれんが出ていることを目視してからコインパーキングへ。うむ、いい流れです。サクッと入店。
    うは!10時15分で先客5人!つーか空き丼まであるってことはもう終わって出た客も!?さすがは人気店!
    カウンタと小さめテーブル2つの席数。掃除は行き届いており、レトロながらもきれいな空間です。大変気持ちがいい。セルフの水用のコップのありかがわかりにくいのが唯一の難点か。※壁に給水器、入り口挟んで反対側の棚の2段目がコップ置き場でした。
    カウンターに座り、お一人で切り盛りされる女将に中華そば並を注文。さほど時間もかからず提供。ウッス!いただきます!ズズズッ!

    …あら。なぁんだ、そんな大したことないじゃん。ビジュアルも味も、広島ラーメンとして普通中のごく普通。
    ただ、ちょっと ク ソ 旨 い だけですわ。

    「広島ラーメンとは?」を問われたときの模範解答。見事なまでの王道ぶり。
    麺。細麺。柔らかめ。
    ネギ。しゃきしゃき新鮮。
    チャーシュー。肩ロース的なシコシコ系。
    スープ。とんこつ醤油。
    他、もやしetc…
    構成は一般的なれど、特筆されるべきはそのバランス。それぞれがそれぞれを持ち上げ合ってる。なんという妙!
    細麺がその身にスープをしっかりまとわせ、スープのコクと旨みを引きずり上げる。咀嚼で口内で膨らむド旨み。噛む時のネギのしゃきしゃき食感と爆発するネギ風味でああああアああぁァあァァ…

    かっ込むという表現がぴったりの食いっぷりで一撃イリュージョンを披露し、麺消滅。
    残ったスープは、まるでうららかな湖畔でのモーニングのごとく香りを楽しみながら飲み干す。ん~、木漏れ日のカーテン、水鏡のステージ、小鳥のさえずり。悠久なる時の中、この一瞬の永遠を香り高き優雅と共に…乾杯。ズズズ…あれ?これラーメンのスープだ。←何言ってンだコイツ。
    しゃきしゃきのネギを余すことなくスープと共にいただき、丼の底の赤い紋を確認してごちそうさまでした。朝から満足だぁ。

    この満足で550円なんですよねー。もう感謝感謝です。あげくに会計ほぼ自己申告システムですし。勝手にお金出して自分でおつり取るという…。
    客層も、常連さんがほどんと。つーか、その域まで行くと注文すら不要。入店するやいなや女将「いらっしゃい。いつものね」スゲー…
    小さな女の子連れで大盛りを分けながら食べてるお父さん、お仕事前?途中?のサラリーマン、お若い学生さん。老若男女、どなたにも愛される歴史を感じさせていただきました。また寄らせていただきます。

    1. 丼の底はこんな感じ。
      前の時はもっと赤みが残った紋でした。歴史ある店の丼は、どれも趣深いです。

      近隣駐車場について。
      隣のコインパーキングがベストですが、4台分しかなく、よく満車です。
      店の対面左側、電車通りからだと奥側の右にもコインパーキングあります。路地の先、奥まった狭いスペースに3台分。Uターンもできないので、運転に自信の無い方は注意が必要です。

  8. やっと行けた。
    とてもバランスが良くて美味しい。
    スープ全部飲んでしまった。
    広島ラーメン好きだが飲み干したのは初めてw

    1. 今日も何とか行けました。しかし混んでる。皆さん分かってらっしゃる。
      美味しい!またスープ飲み干しました。

      骨々亭がラオウの剛拳なら、ここはトキの柔拳ですな。
      スープ、麺、具材がどれも突出しているわけでなく、バランスの妙。
      毎日食べたい。

  9. なかなか足の向かない場所でしたがようやく行くことができました。
    残念ながら脂が多く、私の口には合わなかったです。
    ラーメン店でありがちな
    ハズレくじ
    だったようです。

  10. 味はまあそこそこって感じですがコスパを考えれば十分すぎるかな
    おにぎりが復活してくれて座り心地の悪い椅子を何とかしてくれればもっと行くんですが

  11. ちょっと臭みのあるスープ、
    ちょっと独特の麺、
    たっぷりのネギ、
    野性味のあるチャーシュー、
    あたりまえだけどあたりまえじゃない
    ここだけの味がある。

  12. 広島ラーメンの老舗っちゃ~老舗・・・ここのラーメンが美味しくないという人はまずいない。。。
    コストパフォーマンスは最高だと思います。店の駐車場はないけど、近くにたくさんの安いコインパーキングがあるので問題なし。
     ちょっと塩辛いところもあるが、許せる範囲。行って損はないラーメン屋だと思います!

                                          たにやんでした。

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)