広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

台湾麺屋

台湾麺屋
広島県広島市中区八丁堀13-7
11:00~15:00
18:00~22:00
定休日 日曜

『うまい店があるのだ・・』と、とある人材が打ち明ける。すなわち台湾麺屋。八丁堀店というサブネームがあるが、今のところチェーン展開しておらず、ここ1店舗だけだという。

店に入れば国民党・蒋介石の肖像がでかでかと・・あるはずなかろう。で、中華系には良くあるが、メニューのバリエーションが尋常ではない。見れば確かに店内の大半が厨房だし、巨大な中華鍋や、中華料理店特有のあの強力なガスコンロなど、インフラの充実こそ中華の底力にして大陸ルーツの根性。もちろん中共や毛主席の功績では断じてない。

そういう事だから、ここは選択に多いに迷うも、メニュー上部に公示された『台湾魯肉麺(たいわんルウロウメン)』にて国交樹立をはかる!

メニュー

どうでもいい話だが、ニイタカヤマノボレの新高山は、台湾の玉山の事であり、決して本郷にある新高山城(小早川氏)の事ではない。日清戦争後に新たに日本領となり、そこに富士山より高い山があったから新高山と名づけられたのは小学生でも知る雑学である。台湾は親日国家であり、過去、朝日新聞が何を書いても反日の火の手があまり延焼していないので、もはやこの先、意味不明の歴史観が浮上する事はあるまい。台湾は日本統治時代のプラスマイナスを比較し、プラスと判断したから今の国民感情があるのだと考える。そのおかげで我々も台湾の美味い飯を喰らう事ができるというわけだ。

そんな歴史街道で待つこと5分強、『台湾魯肉麺』の登場である。

台湾魯肉麺

これは豪勢だ。国産のラーメン屋とは異なるカテゴリーであり、しかも中華ゴリ押しではない日本人向けのアレンジか。

口に含めばこれは中華スープのベースがかなり太い。いや、その前に強烈な『何か』がズシリと!これは強烈なパンチである。ファーストコンタクトでグローブを合わせに行ったらいきなり全力フックをぶちかまされる展開であり、ここに生ずる緊張感は並ではない。某格闘評論家が『試合開始時のグローブタッチは禁止にしろ!!』と主張した理由こそ、まさにこの臨場感を求めたゆえであろう。もちろん開始直後にKOとなってはショービジネスが成立しないから、ここは寸でのところでかわし切るが、こめかみの玉汗こそメンタルの窮地を外部に露呈して余りある。

ネギとか

衝撃の余韻は熱さと中華の濃さに紛れて消えたが、ふたくち、みくちと進むたびに、その芯のズ太さはますますキワ立つ。中麺のボリュームをそれと感じさせない重厚さと、それでも止まらない箸の暴走具合はどうした事か。しばらく没頭し、慣れて来てようやく恐ろしくしょっぱい事に気づくが、これは同時に強烈なバイタリティーを感じさせるもので、当然ヘルシーとは程遠いが、東南アジアジア料理にも通じるエネルギッシュの権化にして南国の情緒。事実、台湾はバナナやマンゴー、サンゴ礁でも知られる様に南国。国民党による中華民国も高々70年であるから、もっと根底にある熱帯の生命力・高砂族の魂が混在してここに噴出したという事か。

たまご

で、さらに食べ進むうちに、このエネルギーがようやく香辛料によるものであろうと気づく。これだからド素人はいけない。香辛料と言えばインドやネパール、バングラばかり思い浮かべてしまうが、中華、特に南方の四川こそ香辛料のエキスパートとくれば、その流れが台湾の風土と調和して新たな潮流に至ったのではなかろうかと察する。そんな中ででっかい玉子にたどり着くわけだが、コレが案外何も成されていない素のようで、この環境下にあってはセーフティースペース。黄身には疲れた舌を癒すマイルドさがあるな。

角煮

そしてようやく主力艦隊である角煮に到達。ここもずっしり王者の力量で重量級そのものの貫禄。魯肉とはこれの事であったか。解説にはコラーゲンたっぷり、と記載があったが、沖縄ほどはプルぷよしておらず、エネルギッシュな肉弾の延長にある。味は深みのあるチャーシューとしか表現できず、ここに来るまでのスープの圧倒で、味の細部は判別が困難である。が、美味いのは間違いなく、この肉厚とボリュームと視覚的快楽が750円を大いに上回る価値のショートトリップに導く。

おそらくはスープとのバランスで最も愛されるポイントを突いた味付けなのであろう。なにげない顔でこういうメニューを複数量産する手腕こそ奥義。香辛料で噴出す汗はデトックスであるし、湿ったシャツは女子社員からは嫌われるかもしれないが、塩分摂取しまくった分の代謝も進んで逆に長生きするかもしれん。

結局、スープなどは単体で飲み進めるものではなく、なみなみと残ってしまうわけだが、それでも食欲が爆発的に芽生えてきそうな加速系の名店。このあたりは密かに激戦区となりつつあるから、ひょっとしたら近いうちに台湾版の『大躍進』が展開されるのかもしれん。

★8つ

大きな地図で見る
ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 95 , 得点平均: 6.66
Loading...

ご意見番の声を聞け!

  1. この店はとにかくうまい!
    店主は、某有名店で働いていて何を食べてもうまかった。
    今年に入って中華料理店から台湾ラーメンの専門店に変わった。
    店構えは実に汚い。ただ、味はうまい

  2. 食べたことないけど、汚そうで行く気がしない。

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)