広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

丸忠

丸忠のラーメン
広島県廿日市市串戸6-11-19
0829-31-1313
店休日:不明
24時間営業のはずだ

西バイと言えば丸忠である。昭和の昔より、ここのうどんが美味いということはガキンチョでも知る公然の英知。21世紀に入って高架ができて以後も陸運の星としてここに砦を守る。

時代感覚を一切取っ払った店内の券売機はうどんとラーメンで別々に設置。うどんが美味いと言いながらも、ここは趣旨通り『スペシャルラーメンチャーシュー入り』でしっかりと使命を果たす。

 

・・ここは西バイ沿いだから、オーダーを通し、座して待つ間にも数多くの車両が通り過ぎ、それぞれが炭素エネルギーを消費しつつも経済活動の重要なポジションを受け持つ。そんな交通大動脈の要衝におけるB~C級グルメの雄、丸忠における『約束の品』がこれだ。 計測2.05.5 スペシャルラーメンチャーシュー入りの参戦となった!!

ラーメン

それにしても650円でこのボリュームはどうだ!圧巻はチャーシューだが、出だしからそこを責めるのは『お手つき』の最たるもの。ここはマナー通り、麺から箸をつけるとする。

と、この麺の密度たるや、国道で疲弊した陸送関係者にとっては歓喜の悲鳴。別段個性のない細麺ではあるが、素朴でなんとなく古臭くていい。これは麺が、というより、スープをはじめとする構成そのものが『大衆食堂』のままで現存しており、いわゆるラーメン屋とは多少離れたバランスで一種の『時代の完成形』に至った。

スープなど

スープは豚骨であるが、豚骨ラーメンというほどのものでもなく、醤油系からも距離を置く、まぁ普通のラーメンである。この配合に関しては、おそらく特別な追求や探求、ブラッシュアップがなされた経緯は無く、『だいたいこのあたり』という『神の見えざる手』によって定められた落としどころであると信じる。

チャーシュー

で、麺をしばらく堪能したのち、しょっぱなで我慢したチャーシューにいよいよ触手を伸ばすわけだが、見ればこのチャーシューは数だけでなく、厚みもずっしりとあって、このコストパフォーマンスは優秀にして庶民の星。

安佐南区のザ・ラーメンなどもチャーシューモリモリの肉弾系にて局所的な肉食カーニバルであったわけだが、あれは元々界隈が工場地帯であったためにガテン系の御仁が多く、彼らにチューニングを合わせた結果の名残が今に残っているのだともいう。つまりは地域の労働・経済を食の部分で支えて来たわけで、根底にあるのはすなわち『愛』である。

丸忠にしてもおそらくは同じ原理で、陸運関係者を影で支えるラブ・ハンター。輸送と兵站こそ国力の要であり、これを軽視したばかりに旧日本軍は米英に屈したのである。

ということで、このチャーシューこそは中国地方の兵站。ここは西バイの『タイ王国(※)』 と呼びたい。

※大戦中に兵站基地として重要な役割を果たした

ゆでたまご

ゆでたまごなどは、味玉ではないド・ノーマルの品。これは豊かになった今の時代、あってもなくてもいいものであるが、あえてここにポジショニングが果たされる事によって往年の時代感覚が復古。よみがえる深層記憶によって瞬間的タイムトラベルが実現するわけだ。

その隣にはワカメの布陣で、うどん感覚の延長か。途中からこのワカメのピリピリがシェアを拡大し始めるが、ここは目をつぶるしかない。で、この昭和っぽいワカメの味のしみ方など、やはり昔系のスープには会うもので、雑と言えば雑ながらも、憎めない愛嬌こそ秀逸。

と、終盤にはそろそろ飽きてくるわけだが、もうこの時点で体は温まり、心は満たされておるから、わざわざスープを制圧して完全試合を展開する必要はない。 化学調味料っぽさがチラつくのに対しても、これをわざわざ指摘する野暮ったさは慎みたい。

気がつけば後味もよろしく、味以上に満足度が高まる精神療法。下関までの200km、大阪までの350kmまでも一気に駆け抜けられそうなポジティブなメンタルで、交通上のトラブルも大いに減るに違いない。

★7つ

大きな地図で見る
ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 125 , 得点平均: 6.71
Loading...

ご意見番の声を聞け!

  1. 初めてコメントします。
    このサイトを閲覧して丸忠ラーメンが食べたくなった。昨日 丸忠に行き スペシャルラーメンチャーシュー入りを注文。値段は700円。 やはり ゆで卵はない。 スープが薄くなりおいしくなりました。との張り紙あり・・・。 期待して行っただけに 少々落胆。
    個人的には 我馬 や 丸源ラーメンのほうが 好み。金龍は 安いが 値段以上の味・満足感を得られるので よく行ったものだ。 

  2. コメントがないページを狙い撃ちしていくスタイル。(挨拶)

    実に四半世紀ぶりの訪問、か。
    お昼にたまたま西バイ通ってて、ここのことを思い出して、でももうこうして新しい道路できたし前を通りかかることも無いなぁ…と感傷にふけっていたところ、なぜか降り口突貫から直行しちまいました。自分の行動原理がわからない…
    もう何も覚えてなかったけど、まぁよくあるドライブインだし、とりあえず入店すりゃなんとかな 何 で 券 売 機 が 左 右 分 か れ て 2 台 あ る の ?
    イートスペースのある左は、うどん系の食券ばかり。反対側のは?カレーとラーメンだ。分かれてるのか…
    うどんうまそう。実際いらっしゃるほとんどの人がうどん注文。だったけど…せっかくなので、レビューと同じ「スペシャルラーメンチャーシュー入り」を注文してみましょうか。
    食券購入→うどん系の窓口に提出→「ラーメン違うよ、あっち」→2台の食券機の間にあるソフトクリームとかの窓口に誘導。
    …いじめられてる?(泣)

    紆余曲折を経てラーメン登場。レビュー時よりビジュアル変わってますね。ゆで卵ないし。
    スープ。うん、久しぶりに味わう「食堂のとんこつ」。化調さんガンバってるね。(笑)
    これを細麺でズズズッと。あー、いいねぇ、落ち着くわー。イマドキの専門店では決して味わえないライト系ラーメンです。
    チャーシューはできあいかな?ハムのようなシコシコ食感。あとはもやしとかわかめとかメンマとか。そしてカマボコの存在感。うむ。

    簡単に腹を満たすつもりで食うのにピッタリ。何も求めずゴチソウサマできます。
    良くも悪くも、遠慮無く☆5をつけることができるこの安心感がステキ!(笑)

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)