広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

チャボ

広島ラーメン ちゃぼ
広島県広島市中区国泰寺町1-10-20
082-248-6303
午前11時30分~午後10時
店休日 日曜日
http://www.rak2.jp/town/user/chiyabojp/

じぞう通りの出口にあって、どういうわけかほとんどその存在に気づけないお店『チャボ』。店名の由来は鶏ガラなのかペットなのか定かではないが、そこはどうでもいいだろう。

良くも悪くも古典的な外観が、純粋な広島ラーメンの系譜を感じさせる。

大将は屋台出身なのだろうか?

座席

店内に入って驚くのは、座席が『学校の椅子』という事。

学校嫌いだった人間などは、ここで若干気持ちが下降するのではないか。私などにとっては学校椅子など『座敷牢』そのもので、若年時における『体制側』との闘いの記憶が急浮上、複雑な心境であった。

メニュー

さて、ここは食券販売系のお店かと思ったがどうやら違う。
仕方ないので忙しそうな店員さんをつかまえて『中華そば』を注文。

ランチタイムと重なってしまった為、多少の待ち時間を覚悟した瞬間、ブツはすぐさま登場した。瞬殺である。

中華そば

予想そのまんまの外見こそ『広島ラーメン』たるもの。もやしとネギがとっ散らかっている様や、色気一切排除の風貌など、ぶっきらぼうな体裁のルーツはやはり屋台の系譜だろう。

広島ラーメン

口に含んでの第一印象は『平凡』といったところか。特筆すべき点はない。もやしが妙にうっとうしいのは、スープが薄いからかもしれない。麺も平凡というか、シマりが無いとまでは言わないが、こだわりは感じられない。

で、もう一度書くが、薄い。しばし舌の上で転がし、芳香が鼻腔になじむのを待つが、そもそも嗅覚に沸きあがって来るものが無い。とんこつの量をケチったか、醤油がクッソB級なのを使っとるか、それとも単に煮込みの時間を間違えたか??

バランスがいいとも悪いともなく、ただ奥行きの無さを感じた次第である。

チャーシュー

チャーシューなども若干固め…、味の染み込みも物足りず、他の古典的広島ラーメン店よりかなり格が下がる。マズくはないのだが、スーパーで買って来たのを奥で上手に調理したらこうなる、みたいな、B級ド真ん中な路線が徹底されているようで、妙な疎外感を覚えたのである。

で、調べて見ると、このお店は大将が幼い頃の味、つまり戦後に味わった屋台の味をそのまま持ってきている『懐古的』な方針を採用しているらしい。昨今洗練を極めはじめているラーメン業界において、あえて貧乏小国時代の再現にこだわる、まさにの超ニッチな隙間戦術と言える。

物資が不足していた時代に食べた粗悪チョコレートを、『この世のものとは思えないくらい美味かった』と述懐する老世代の話はしばしば耳にするところ。初代チロルチョコやベビースター、チキンラーメンやカップヌードルなど、もっとも洗練されていない初期型が根強い人気を持つのと同じで、このB級ラーメン店『チャボ』も、そういう3流みたいなのをあえて守り抜いていると解釈すれば、それなりにいい仕事をしていると評価できるだろう。

私などはそんなに美味いとは思わなかったが、あの時代を生きた『特定の世代』からは強靭な支持が得られているかもしれん。

★5こ

外観

店内写真

大きな地図で見る
ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 58 , 得点平均: 6.50
Loading...

ご意見番の声を聞け!

  1. 主さんの言うとおり、学校の机はチープ感満点。
    戦後復興期のなりふり構わぬ時代ではないのだから、少し考えて欲しい。
    その割に監視カメラを店の左右に配置して客にも見せるなど、センスがちょっと・・・。
    (食い逃げ抑制効果を期待?)

    ラーメン本体は悪くない。ただ、広島ラーメンのスープに長浜ラーメンの麺が合わせてあるようで、
    自分の好みには合わなかった。

  2. 長文というよりは、貴方がもやし嫌いなのはよく分かった。
    殆どお好み焼きの話で満腹。

  3. 生まれも育ちも広島なのですが、

    広島、特に西部(安芸)の人間は、
    中華そば=豚骨醤油が普通だと信じて疑いません…

    その上、中華そばの具といえば=「茹でもやし」…
    これが地域の特有だという意識など全くありません!

    「ラーメンにはもやしが入っとるに決まっとる!!」
    全国区でそうだと思い込んでいます。

    だから、広島ラーメンしか知らないオールド層は、
    他所の土地でラーメンを食べると……

    「ラーメンに何故もやしが載ってないの?」

    と標準語気取りで言う始末です…
    しかも広島のもやしは全国区で一般的な緑豆ではない、
    ブラックマッペなる特殊な細もやしですが、
    広島人は日本全国でこれがスタンダードだと疑わないのです…
    しまいには
    「関西風お好み焼き」…全国で言う、
    普通のお好み焼き(以下:お好み焼き)
    にまでももやしを入れたがります…!

    広島風お好み焼きにはもやしは「絶対に何が何でも」入りますが、
    関西風お好み焼きにもやしなど広島人の私ですら聞いたことございませんし、
    関西出身の方に

    「お好み焼きにもやし入れますか?」

    と質問したところ、予想通りのお答えを頂きました。

    「え?なんでもやしやねん!水っぽくなるやろ!」…

    ごく当然なコメントアザース!
    少なくとも私は入れませんが…
    旧い広島人の頭の中では

    「お好み焼き=もやし」

    で、

    「もやしが入っていないとお好み焼きじゃない」

    という偏った図式が成立しているようで、
    私がいくら

    「お好み焼きにはもやしじゃなく紅しょうが入れようやぁ!」

    といってもちょいと目を話した隙にもやしを入れてます…
    盗塁の如く、僅かな隙にもやしIN!
    広島人は、何が何でももやしと青ネギ入れないと気が済まんのんかいの~

    長文で申し訳ございませんでした…

    1. もやしが嫌いなんですか?この店と何か関係あるんですか?

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)