広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

げんこつ屋光町店

げんこつ屋
広島県広島市東区光町2-9-18
082-263-0313
11:00~翌3:00(L.O.翌2:30)
無休

市内に何店舗か点在するラーメン店、げんこつ屋。名前は古典にして王道。長時間営業という印象以外に記憶にないが、ここは本部と思われる光町店の中央突破を目指す。

立地は新進気鋭の博多ラーメン『みちまる』から数秒程度。ジャンルが違うから喧嘩にはならないのだと願いたい。看板は『バリ馬』やら『風雲丸』と同じ作家のようなテイストだが、あの一派の系列ではないらしい。

メニュー表

店内は広くて居酒屋っぽい。午前から深夜までぶっ通すタフな営業手法にしても確かに居酒屋のもので、年中無休だし経営母体やルーツがそういう流れをくんでいるのかもしれん。メニューも多彩で、塩、みそ、辛、魚介、さらにはつけ麺と、多方面展開作戦で翻弄してくるが、ここは基本であろう『げんこつラーメン』を注文するのが妥当と判断する。

で、見れば先客ががんがんタバコを吸っている。通常のラーメン屋なら完全アウトだが、これを居酒屋の延長上と捉えると有りなのかもしれない。タバコと缶コーヒーorアルコールの組み合わせ健康破壊の劇薬だが、ラーメンとの組み合わせはどうか?おそらくは相当な破壊力で国庫を圧迫しそうだが、そんな雑念を蹴散らすがごとく、計測4分強『げんこつラーメン』の登場である。

げんこつラーメン

黒塗りの器は博多系をほうふつとさせるが、こちらは『広島しょうゆとんこつ』の肩書きがあるから当然中身は別物だろう。居酒屋の先入観のせいか、居酒屋のラーメンのような印象だが、おそらくは炙りチャーシューのこげ具合がデジャヴュなのだと思われる。

一口目。

・・。

これはつかみどころがない。アクセルを踏んだらニュートラルに入っていた、みたいな、フ抜けた脱力が危うい。スープが表面的な味に終始し、麺はかなり軟弱である。

不味いかと言われれば、ラーメンとしてのニーズは満たしており、まずまず、と答えるのがよさそうだ。せめて麺がもう少し自立していれば良いのだが、第一印象としては喜びより芋寂寥感が勝る。

チャーシュー

チャーシューは炙り系で、これは個人的に好きな部類のもの。スープの痩身ボディの隙間を埋める立役者と見受けられる。この手法は原爆ドーム近くの『藤原ラーメン』でも採用されていたものだが、逆に言えば飛び道具であり、展開に困ったらとりあえず爆発させるランボーのような流れと言える。もちろんランボーは名作だ。

引き続きチャーシュー

心が震えるから手がぶれるのか、写真写りもますます怪しい。チャーシューを突破した後は見せ場がなく、スープの奥を探求するがここは迷宮入りだ。これは居酒屋手法だから仕込む時間が無い、もしくは片手間になってしまうのだろうか?それとも複数のバリエーション展開に重点が置かれているからノーマルが物足りないのか。

営業時間から邪推すれば、単に店主がしばらく休んでいないだけなのかもしれない。

ラーメンとしてはB級を下回るが、ラーメン主力の居酒屋と考えれば十分にイける。チェーン展開しているからそれなりに利益は出ているのだろうし、ただ個人的にはもっと強靭な基盤を築いた上でのチェーン充実を期待したい。

ともあれ、すぐ横には硬派な『みちまる』があるから、客としては状況によって使い分ける選択肢があってなかなかよろしいかもしれん。生物多様性の観点からは大いに推奨される。

★3つ。

大きな地図で見る
ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 49 , 得点平均: 6.49
Loading...

ご意見番の声を聞け!

  1. 本日、たまたま西条店に行く事になりました。
    己斐店への訪問は何年前だったのかも覚えていないくらい。
    再確認の意味も込めてノーマルの「げんこつラーメン」を。

    ランチタイムなので「白ごはん」のセルフサービスがあるとの事。
    漬け物も「キュウリのキューちゃん・高菜・OOO?」3種類ありました。
    キューちゃんは×、高菜は◎
    白ごはんもサービスとは思えないくらい美味しい◎

    肝心のラーメンは。
    スープ:悪くなく中の上、脂感はあるのですがこってり過ぎではなくライト、温度も中温
    麺:細ストレート、特筆する部分は無し(大して美味しくは感じない)
    もやし:茹で加減良し
    ねぎ:青ねぎの太、結構な量で新鮮、美味しい
    チャーシュー:炙り柔らか厚い系、美味しい

    結論からして税込み¥594はそれ以上の価値だと思います。
    しかもOンキホーテの様に¥4までご自由にのスタイル。
    ¥590でした。
    チェーン店でも何か違うのかもしれませんね。
    西条店、良いです。

  2. げんこつラーメン(げんこつ屋)は己斐店にしか行った事がありません。
    随分前に「げんこつラーメン」と「広島激辛つけ麺」をいただきました。

    前者はパンチが無く、『げんこつ』の名前に負けていると思いました。
    先入観で、ド豚骨を想像して食べたからか個人的には無しのラーメン。
    その時の出来が悪かったのかもしれません。

    後者は辛さMAXの10辛にしました。
    その際、つけダレを作っているのを拝見したのですが『ハバネロ』を投入していました。
    しかも『S&Bのハバネロペッパー』・・・あぁ・・・最悪。
    広島激辛つけ麺の『ハバネロ』だけは勘弁して欲しい。

    付近で豚骨ラーメンを食べるのならばハリウッド舟入店近くの『はりがね』をお勧めしますよ。

  3. ちょっと豚骨濃いめのラーメンを堪能しようと、昼過ぎの落ち着いた時間に己斐店に行きましたが、スープの温度が低すぎ満足に味わえませんでした。
    替玉で温かくなるのは如何なものか。
    接客も普通よりやや劣るが、早く作る事にとらわれ本質を忘れている気がしてならない。
    改善されないと将来は無い気がします。

  4. ゆきさんの言う通りですね。ここに限らず「自分が食べたいと思う店」に行けばいいワケで・・・。
    そもそも550円(税抜)はそんなに高いとは思えませんが。

  5. 4月の増税前は、げんこつラーメン一杯550円(税込み価格)でした。4月の増税以降、げんこつラーメン一杯550円(税抜き価格)になりました。この価格設定のやり方、どう思われます?

    1. それでも食いたい人がいるならそれでいいんじゃない?
      あなたみたいに嫌悪感を持った人は行かないだろうし。

  6. なんというかすごくうまいわけもなく、
    まずいわけでもなく普通的な味がする。
    価格で考えればおいしいレベル。

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)