広島市を中心としたエリアのラーメン事情を一方的に執筆

かばちや

かばちやラーメン
広島県広島市南区猿猴橋町4-22
082-263-8633
11:30~14:00
18:00~22:00
土/祝
11:30~14:00
定休日 水曜・日曜日

1億2千万の国民の大半が意味を知らないローカルキーワード『かばち』。それを店名に冠する事で広島への愛情を主張してやまない名店『かばちや』。駅前再開発エリアに残された数少ない聖域(と言うか旧闇市エリア)にてひっそりと店を構える。

店内はおそろしいほど狭く、ドアを開けたとたんにおっさんの背中にブチあたる仕組みで、何も知らずに飛び込んで来るド素人のハートを打ち砕く。本日は運よくギャルが来店中で、おっさん連中との『遭遇戦』を回避できた事がまこと幸運であった。

ちなみにこのギャルは一人で来店しており、しっかり替え玉を注文した上、狭い店内で器用に上着の脱着を果たすなど、持ち前の玄人肌を存分に披露していった。

メニュー

さて、このお店のメニューは『かばちやラーメン』の一本出しで、店主の男気がうかがえる。ランチタイムはライスがサービスとなるらしいが、今回は遠慮した。

店内はやたらとサンフレッチェのサイン色紙がかざってあり、ゴールデンボーイになる前の李忠成選手の色紙もあるかもしれない。それにしても店内にメンバー入りきらんだろ。入れ替わり立ち代り来店していったんだろうか??

そうこうするうちに『かばちやラーメン』が登場する。

かばちやラーメン

風貌は最近見た中ではピカイチである。青磁っぽい器と、ゴロっと転がる味玉&チャーシューが無骨で武辺・骨太な生き様を叩き出す。愛想はまぁ良いが笑顔のほとんど無い店主のスタイルがまさにこれである。それにしても器の青が美しい。色相はぜんぜん違うが、汝窯(ルーヤオ:中国の伝説的な青磁)を思い出したわ。

で、一口目。麺の固さは指定していないのだが、いわゆる『ばりかた』~『はりがね』あたりの部類で、まさに私のストライクゾーンに切り込んできた。しかも無許可で。この極細の剛直系(ghGt.)をデフォルトで出してくるのは中々の男気と言える。こういうのを全力で咀嚼(そしゃく)していくのが道楽であり快楽、さらに行き着くのは極楽である。やはり歯は大切にせんといかんな。

チャーシューと味玉

剛直麺に絡みつくスープがまた控えめでよろしい。麺の良さが非常に活き、この両者のバランスは県内屈指と判定を下したい。卵は丸ごと一つ、チャーシューも分厚く壱枚。双方やはり控えめな味付けで、特にチャーシューは噛めばホロっと崩れる『初恋系』のものとは対極にある、男性的硬派なポジションに好感。店主は最後まで精魂こめた直球しか投げん男なんだろう。読まれてもローキックだけを蹴り続けた『武田幸三』系の古武士だな。

チャーシューとスープ

スープは広島系の流れを汲むとんこつベースで、なんとなく鳥ガラっぽさが際立つ瞬間を感じたが、調合の詳細は知らん。大枠では『あっさり豚骨』というポジションだろう。スープだけをたしなむと、若干のしょっぱさがあるが、風味で判断するかぎり、どうやら『こしょう』由来のようだ。初期設定として振ってあるのだろうか?

好き嫌いはあるだろうが、スープ単体だとそこまでの突破力は無いように思える。やはり麺との組み合わせに焦点が絞られているのだろう。その観点でいくと、すかさず『替え玉』を注文した冒頭のギャルなどは、まさにお店の旨みを知り尽くした女傑であったと判断できるのである。

店主も女性店員も、笑顔が全く無いのは気になるところだが、まぁ無理して嘘っぽくなるのも興ざめなので良しとしよう。

生き様含め、★9こ

外観


大きな地図で見る
ノーコメントこれから頑張れ発展途上まだまだイケる並まあ良いのでは?なかなか美味いねこれは美味い!!広島最高峰広島の誇り★
投票数 94 , 得点平均: 6.62
Loading...

ご意見番の声を聞け!

  1. 角煮チャーシューは正義。

    出張のおり、少し足を伸ばして初訪問してみました。
    正午前の訪問で、先客2人。しかしそこからひっきりなし。人気店ですね。
    店内は非常に狭く、厨房を囲む形の変則的なレイアウト。背中と壁の間がけっこう厳しいですが、夏の時期なら扉を開けっ放しにしてくれてるので、なんとか。うん。

    基本的にラーメン一本のメニューなので、注文もスムーズです。
    「ランチタイムはご飯サービス」とのことでしたが、注文時には何も無し。ん?と思いましたが、ラーメン提供と同時に「ご飯サービスですが?」とのご進言。おお!ありがたくイタダキマス。

    さて、ラーメン。とにかく器がキレイですよね。真っ青な、引き込まれるような色の丼を、下の同じ色の皿が支えてくれてます。素敵。
    ラーメン自体は…うん、あっさり豚骨。胡麻いいよ胡麻。キクラゲいいよキクラゲ。細麺が合いますわー。雰囲気で言えば「あっさりしたうまかっちゃん」か。うめー。
    そして角煮チャーシュー。正義!正義!正義!これこそ醍醐味!いいですわー!
    脇に控えるは手作りらしき高菜。ポトリと落とせば風味がガラリ。立体的な味変で最後まで美味しくいただきました。ゴチソウサマでした。

    お冷やがお茶ってのもポイント高いです。
    唯一の不満点…ええと、デブに厳しい室温ですね。(泣)

  2. いつも並びがあるから行ってみたが、並んでまで食べる程うまくない。

  3. 以前アルバイトの経験者。コメントのような事は、まずありません!。そうゆう評価であれば、悲しいですね。

  4. 杯数(何杯出てるかしらないけど)の割に寸胴が小さい事は確か。
    あの濃厚な味で50杯以上なら、70cmクラスの寸胴が2つは無いと出来ないと思う。

  5. 5~6年ぶりに食べました。昔と比べてかなりさっぱりめなスープになっておりました。
    大変おいしくいただきました。合掌。
    具をペラペラチャーシューとキクラゲ、ネギぐらいでいいから600円くらいになったらうれしいです。
    お昼はごはんがサービスでした。

  6. 味は悪くないと思うが、2回行って2回ともコショウの味がした!
    表面にコショウの陰がないことからスープのリサイクルを疑い、もう行かないことにした・・・

貴殿の声を聞かせてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像があれば投稿してくれ!! (JPEGで頼む)